バレンタインデーチョコはいつ渡す?ベストタイミングを男性目線で検証!

2月14日はバレンタインデー。

今年のバレンタインデーはチョコをいつ渡すか?どのようなシチュエーションが良いのでしょうか?

男性目線から「こんな風に渡されたら嬉しい」というシチュエーションをご紹介します。


二人っきりになれる場所

社会人なら会議室、学生なら放課後の教室など、二人っきりになれる場所は他の人に気を遣わず、男性も受け取った喜びを表現しやすいです。

周りに人がいるところでは気恥ずかしさもあり、喜びを表現しにくいものです。

誰からも邪魔されない場所で、自分の想いとともにチョコを渡してみましょう。

「緊張するから・・」という理由で自分の友達を連れて行くのは絶対にやめましょう

男性はそんな状況では受け取るのも恥ずかしくなってしまいます。

電話(又はLINE)での呼び出し

バレンタインデーの日に女性からかかってくる電話は男性にとってドキドキするもの

「え?何か用?」なんて素っ気ない態度でも内心はドキドキしているはず。

待ち合わせ場所で会ったあなたが、いつも以上に可愛い服装や髪型だと男性のドキドキ度はさらにアップします。

思いっきりおしゃれをして、電話(又はLINE)で呼び出してみましょう。


ロッカーの中・机の中・カバンの中

昔からバレンタインデー日に男性はロッカーの中・机の中・カバンの中・くつ箱などが気になるもの。

もしもそこにチョコが入っていたら・・・男性は嬉しいに決まっています

手紙を添えて、こっそり忍ばせてみましょう。そしてそれに彼が気づいた時の驚きの顔に注目してみましょう(笑)

くれぐれも他の人には見えない場所にしましょう。他の人に見えるような場所に置くと恥ずかしいと思う男性も多いので逆効果です。

さりげない待ち伏せ

さりげない待ち伏せもうれしいものです。

「チョコ余ったからあげるよ」なんて渡されたチョコに手紙がついてたりすると、照れ隠しに「余ったから」なんて言ったその子がとても可愛く感じてしまうものです。

偶然のフリをしてさりげなく待ち伏せしてみるのも効果あるかもしれませんよ。


義理チョコを渡すタイミング・・そもそも渡したほうが良い?

女性はバレンタインデー日には職場などで気を遣うもの。

「お世話になっている上司にはチョコをあげなければいけないのか?」

また、職場に女性が一人の場合は「みんなにチョコを期待されているのだろうか?」など女性も悩むところです。

男性の本音はどうなのでしょうか?

部下が多いとチョコのお返しが大変

大きな会社で部下をたくさん持つ立場の男性は、たくさんの部下からチョコをもらうことも多いです。。

しかし逆に上司にはお返しに非常に気を遣わせてしまいます

そんな部下をたくさん持つ上司にはバレンタインデーではなく、食事に連れて行ってもらった時などに、その都度ちょっとしたお礼をする方が嬉しいものです。

普段からお礼の気持ちを表している女性であれば、バレンタインデーにチョコを渡さなくても上司はあなたの気遣いに気づいてくれるはずです。

「みんなからです!」のチョコは要らない!

数人の女性が、1つのチョコを割り勘して購入し、普段お世話になっている男性に渡す場面がよくあります。

これは男性にとっては非常に迷惑なのです。

1個のチョコをもらい、一人一人にお返しをしなければいけない・・と男性は考えます。

感謝の気持ちを示すなら、一人ひとつのチョコの方が嬉しいものです。

「チョコをあげること」も大切ですが、「男性はお返しに気を遣う」ということも考えましょう。

高すぎるのも困る

義理チョコであまりにも高級なチョコをもらうと男性はお返しに困ってしまいます。

贈る方は失礼のないようによいものを選ぶと思いますが、それは相手を考えて選びましょう。

相手によっては高級品のチョコの方がよい時もあるでしょう。

誰でも高級品であれば良いというものではありません。

普段のお付き合いの度合いによって選びましょう。

まとめ

男性目線で自分自身の経験からいくつかのシチュエーションをご紹介してみました。

もし参考になることがあればぜひ今年のバレンタインデーに試してみて下さいね。



この記事が気に入ったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください