黒沢かずこ 朝食を知らない少女時代・実は理にかなっていた?朝食は必要か?

スポンサーリンク

森三中の黒沢かずこさんが、中学生になるまで「朝ごはん」という概念を知らずに育ったことを明かしました。

なぜ「朝ごはん」を知らなかったのでしょうか?

そしていつから食べようになったのでしょう?

そもそも朝ごはんって、食べた方が良いのでしょうか?

黒沢かずこ 朝ごはんを知らずに育った少女時代

森三中の黒沢かずこさんが、テレビ朝日「激レアさんを連れてきた。」に出演。

中学生になるまで「朝ごはん」という概念を知らずに育ったことを明かしました。

これには共演者もびっくり!

黒沢さんは食堂喫茶を営む両親のもとで育ちました。

朝はコーヒーのみの両親。そして黒沢さんは乳酸菌飲料を1本を飲むという朝だったようです。

朝食については、周りと友達とも朝食について特別話す機会もなく、そういうものだと思っていたとのこと。

でも食堂喫茶を営んでいたなら、食べ物は何かとありそうですが・・・。

しかし黒沢さん自身も昼食と夕食で十分だったようです。

「朝ごはん」を知った時は中学生

中学に入ると午前中から空腹を感じるようになったそうです。

そして初めて「朝食」について知ることに。

ある日友人に「お腹空かない?」と思い切って聞いてみたところ、友人から「朝ごはんを食べてきたから空かない」という言葉が。

この時、初めて「あさごはん」という言葉を知ったそうです。

母親の衝撃の答え

「朝ごはん」のことを友人から聞いた黒沢さんは、母親に意を決して「朝ごはんが食べたい」と打ち明けたそうです。

すると母親の答えは「バレた(笑)?」でした。

そして乳酸菌飲料1本だけだった朝食は、翌日からおにぎり1個が加わったそうです。

黒沢さんのエピソード、笑ってしまいますが「それは可哀そう・・」という意見もたくさんありますね。

スポンサーリンク

「朝ごはん」は必要なのか?

そもそも朝ごはんって必要なのでしょうか?

「そんなの当たり前じゃない!」という声が聞こえてきそうですね。

「朝ごはんを食べないと頭が働かないよ」

「朝ごはんを食べないと力が出ないよ!」

このようなに言われて育った方は多いのではないでしょうか。

しかし、黒沢さんも小学生までは「乳酸菌飲料」1本で足りていたようです。

中学生になり部活を始めてからは、朝食無しではお腹が空いて大変だったようですね。

成長期の子供にとっては、朝食を食べないのはキツいのかも知れませんね。

では大人にとってはどうでしょうか?

朝食を食べないアスリートたち

毎日トレーニングで多くの栄養をとる必要のあるアスリート。

実はアスリートの中には朝食を食べない人も多いのです。

「果物だけを食べる」

「ヨーグルトだけを食べる」

「野菜ジュースだけを飲む」

そのようなアスリートも多いのです。

午前中は排泄の時間

その理由は「午前中は排泄の時間」という考えがあるからなのです。

食べ物の消化というのはとても時間とエネルギーを必要とします。

そのため、朝は消化のよい食べ物だけを食べるのが良いという考え方です。

一番良いのは果物。その理由は消化の早さです。

空腹で食べる果物は、20~40分で消化します。

朝ご飯がエネルギーになるまでには時間がかかる

消化という点で考えてみると、朝食べたご飯(お米)が消化されてエネルギーとして使われるまでには数時間かかります。

これは食べる組み合わせによっても消化時間が変わってきます。

この消化を考えたときには、朝食べたものがそのまますぐ「朝の力」になるとは考えにくいですね。

実は小学生の「乳酸菌飲料」のみの朝食の黒沢さんは、体の中の脂肪をエネルギーに変えて、効率よく利用していたのかもしれませんね。

まとめ

「朝食を与えられない子供」と考えると可哀そうな気もしますが・・。

私はもう15年ほど「朝食は果物だけ」という生活を送っていますが、十分生きています(笑)

この朝食を変えることによっての一番の大きな変化は「便通が良くなったこと」でした。

「管理栄養士」など資格をお持ちの方たちは「栄養」の観点から「朝食抜き」を否定しますが、消化を考えると「朝食抜き」も理にかなっている気がします。

私は断然、朝食を果物だけに変えてみることをお勧めしますね。

朝食は食べない方が良い!?無理に食べる必要がない理由

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください