カーリング女子の北海道弁が可愛い 「そだねー」だけじゃない北海道弁集

スポンサーリンク

出典:https://www.tweet247.net/japan/

カーリング女子の北海道弁「そだねー」が可愛いと話題ですね。

北海道弁って他にはどんなものがあるのでしょうか?

北海道はどうして可愛い子が多いのか?

カーリング女子が全国に伝えた北海道女子の魅力について書いてみました。

こちらの記事もおすすめ⇒カーリング女子オリンピック日本代表は美女揃い!結果速報&見逃し動画案内も!

カーリング女子の北海道弁が可愛い!

平昌オリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子のLS北見のメンバー。

北海道北見市出身者だけで構成されたメンバーです。

その活躍も素晴らしく、粘り強い感動的な試合を見せてくれました。

しかし彼女たちの魅力は試合だけではなく、その可愛さや試合中の会話までもが多くの人を魅了しました。

カーリング女子の北海道弁「そだねー」が可愛い!と話題になり、すでに流行語大賞候補?と一部でいわれているほど。

SNSでは

Twitterでは「そだねージャパン感動をありがとう!」

「カーリング銅メダル!素晴らしいドラマだったよね? 」「そだねー!!」

など、何かと「そだねー!」とともに祝福の言葉がたくさんあがっています。

YouTube にもたくさんの「そだねー動画」が出ていますね。

そもそも「そだねー」は北海道弁?

そもそも「そだねー」って北海道弁なのでしょうか?

「そうだね」は標準語だけど、「そだねー」という独特のイントネーションが北海道弁なんですね。

そう、北海道出身者は自分では標準語と思っていることが多いのです。

彼女たちもきっとこう思っているはずです。

「なんで私たちの言葉が話題になってんだろうね。訛ってるっていうけどそんなことないっしょね!」

「そだよねー」

スポンサーリンク

カーリング女子の北海道弁集と解説

試合の中では「そだねー」以外にも可愛い北海道弁が飛び交います。

それらを紹介&解説していきます。

チョッキリ

「これでチョッキリじゃない?」という会話も聞こえてきました。

この「チョッキリ」とは「ちょうど」または「ピッタリ」という意味です。

これが北海道弁だということを知らない北海道民も多いはず。

どんくらいだーい?

「どんくらいだーい?」っていうのも聞こえてきました。

これは「どのくらいかな?」という意味だというのは通じるかと思います。

これも北海道弁の可愛いところですね。

北海道女子たちの「どんくらいだーい?」「このくらいかい?」なんて会話も和みますね。

「〇〇かい?」というのは北海道ではよく使う質問の仕方です。

「〇〇だい?」「〇〇かい?」と聞かれると、なんだか優しさや温かさを感じますね。

遅かったもんねー

「遅かったもんねー」というのは普通の言葉ですが、イントネーションが可愛いですね。

「〇〇だもんねー」というのも北海道民がよく使う言い方です。

何か「自分の気持ちを分かってくれている」ような感じを受ける温かさを感じる言葉です。

この「遅かったもんねー」の中には「うん、大丈夫だよ。分かってるよ。遅かったからね。」という安心させてくれる言葉も入っている感じですね。

待ってていいわー

「待ってていいわー」というように、最後に「わ」を付けるのも北海道の言葉の特徴です。

「〇〇なんだわ」「〇〇でいいわ」などというのは、最後に「わ」を付けることによって、言葉を柔らかく伝わるようにしているのです。

こういうところからも、知らず知らずのうちに「癒されるー」という方がいるのではと思いますね。

押ささる

「おささる」という言葉をパソコンのキーボードで打ち込むと、当たり前ですが正しく変換されませんね(笑)

「押ささる」とは「押される」という意味です。

これはYoutubeのこの方の解説が面白かったので貼っておきますね。

この動画の6:00~「押ささる」の解説があります。

私も「へぇー」と思うような面白い解説だったので、良かったら観てみてくださいね。

他にもたくさんある「北海道弁」

北海道弁は他にもたくさんあるので、この機会にいくつかご紹介しておきます。

なまら

これは代表的な北海道弁(?)ですね。

「なまら」「凄い」「とても」などという意味です。

「なまらカッコいい!」「なまら旨い!」

ときには「なまら凄い!」(とても凄い!)なんていう使いかたも。

めんこい

これは「可愛い」という意味です。

「うわー、なまらめんこいわー」なんていうのは北海道の女の子がよく使う言葉です。

北海道民にとって「めんこい」は、ただ「可愛い」だけでは表現しきれない「なでなでしてあげたくなるような可愛さ」みたいな意味が込められています。

なんも

北海道の人に「ありがとうございます」などとお礼を言うと「なんもなんも」という方が多いです。

これは「何も気にしないでね」「いいんだよ」という意味です。

北海道の人の大らかさを感じさせる言葉ですね。

なしてさ

「〇〇だよね?」と質問すると「なしてさ?」と返ってくることがあります。

これは「どうして?」という疑問形です。

使い方としては「なしてそう思うのさ?」「あんたは、なしてそんなにめんこいの?」など。

ばくる

「ばくる」とは「交換する」「取り替える」ことです。

私も若いころ、これが北海道弁だと知らずにいました。

子供たちの会話で「ねぇ、取り替えっこしよう」というのを、北海道では「ねぇ、ばくりっこしよう」と言います。

したっけねー

「したっけねー」は「じゃあね」というお別れのあいさつに使う場合と

「そうしたら」という意味で使う場合があります。

(別れ際に)「したっけねーバイバイ!」(じゃあね!バイバイ!)

(会話の中で)「したっけね、〇〇になったんだよ」(そうしたらね、〇〇になったんだよ)

しゃっこい

「しゃっこい」「冷たい」という意味です。

(水などを触って)「うぁ、しゃっこい!」など。

すぐ使えますね(笑)

ちょす

「ちょす」とは「触る」ということです。

北海道の食堂に入った時、暖房機のところにこんな張り紙がありました。

「【お願い】この暖房をちょさないで下さい」

だべさ

「だべさ」も有名ですが、「だよね」「だよ」「でしょ」などという意味です。

「そんなことしたらだべだべさ!」(そんなことしたらだめなんだよ)

「それちょしたらしゃっこいべさ」(それ触ったら冷たいでしょ)

ごみをなげる

北海道では「ごみを捨てる」ことを「ごみを投げる」といいます。

北海道に転勤してきた人が会社で

「このごみ投げてきて」と言われて

「投げるんですか?どうして投げるんですか?どこへ投げるんですか?」

「ごみだから投げるに決まっているだろ!」

と言われた話を聞いたことがあります。

とうきび

「とうもろこし」のことを北海道では「とうきび」と言います。

札幌の大通公園では夏になると屋台で「焼きとうきび」が売られていますよ。

スポンサーリンク

北海道女子はどうして可愛い子が多いのか?

「北海道って可愛い子が多い!」と北海道旅行に行った人から聞くことが多いです。

Yahoo知恵袋にもこんな質問があります。

北海道札幌旅行にいってまいりました。

そこで疑問に思ったのですが・・・札幌の女の子はどうしてこんなにかわいいのでしょうか?

東京もかわいい子はたくさんいますが、人口が多いからで、、札幌はかわいい子比率が異常でした。。

なぜでしょう。。。ほんとに疑問です。一緒に旅行したメンバーも首をかしげてます

医学的、民族的どんな方面でもよいので、わかるかたいましたらよろしくお願い致します。

 

北海道の女の子って可愛い子多くないですか?

  ~中略~

自分の今までの経験では、

1位北海道
2位秋田
3位福岡

だと思います。みなさんはどう思いますか?

これらの答えとしては

  • ・アイヌ民族の血が入っているから彫が深い
  • ・雪国だから色白できれいな人が多い
  • ・都会に染まってない、男性にとって魅力的な美しさがある

などでした。

北海道は穏やかな人が多いので、その穏やかさが表情に出てくるのでは?という意見もありますね。

この答えは・・・難しいところですね。

まとめ

北海道は元々は開拓地。色々な地方から開拓に来た人たちで作った街です。

そんな北海道にはアメリカのように「ほかの土地から来た人を受け入れる」という風習があるように思います。

北海道弁もそんな人々の温かさを感じる言葉ですね。

皆さんもぜひ一度は北海道に行って「生の北海道弁」に触れてみてはいかがでしょうか?

きっと北海道の素敵な女性にも出会えるはず(?)ですよ。

こちらの記事もおすすめ⇒カーリング女子オリンピック日本代表は美女揃い!結果速報&見逃し動画案内も!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください