【花粉症対策】食べ物・飲み物で即効性を求めるなら『まず腸をキレイにする』これで治った私の経験

花粉症に効く食べ物・飲み物って何か?つらい春先は「即効性」を求めます。

「鼻水が止まらない」「目がかゆい」「頭がボーッとして仕事にならない」等々・・・

こんな時は「すぐなんとしたい!」

私も花粉症だけではなく、アトピー性皮膚炎も持っていたので、その辛さはよくわかります。

花粉症対策に効くと言われている食べ物・飲み物の効果を発揮するためには、実は「まず腸をキレイにすること」が大切だったのです!

「腸をキレイにする食生活」に変えることによって、私はアレルギーを克服しました。

全ての人に当てはまらないかもしれませんが、花粉症対策で即効性のある食べ物・飲み物を求める同じような状況の人の役に立てたら嬉しいです。

スポンサーリンク

花粉症の克服には腸をきれいにすることから

 

「花粉症に効く食べ物」の前に知っておかなければいけないのが、まず「腸をキレイにする」こと。

腸がキレイな状態でなければ、「花粉症の薬」以外で「即効性のある食べ物」はありません。

なぜなら食べ物の栄養は腸で吸収するからです。

そしてもうひとつ、自分自身の経験からも分かったことは「アレルギー持ちの多くの人は腸が弱い」ということです。

 

腸内の健康が免疫機能を高めるカギ

体の免疫機能の約60%は腸管にあって、腸内環境が良いほど腸管免疫力が高くなることが、研究結果によって発表されています。

腸管の主要な働きは消化吸収である。しかし免疫器官としても極めて重要である。多くの病原細菌は口から入り、腸などを通して体内に侵入する。これらの侵入物から身を守るために自己防衛体制として、腸管には、からだの中で最大の規模の免疫器官が配置されている。すなわち腸管には免疫の働きを担う細胞や、侵入者と直接戦うたんぱく質である抗体(主として免疫グロブリンA(IgA)の数や量はからだ全体の60%以上が存在している。

出典:公益社団法人 日本ビフィズス菌センター、用語集、腸管免疫

アレルギーを克服するには「免疫を高めることがカギ=腸内の健康がカギ」なのです。

以下は子供のころの「私自身」のことですが、皆さんはこのような食事の傾向はありませんか?

  • 牛乳を飲むとお腹をこわしやすい。
  • 食事の時には、ジュースなどの飲み物がなければ食べられない。
  • お菓子が大好き。ご飯よりもお菓子をたくさん食べる。
  • ソーセージが大好き。

こんな私の子供のころのような食生活を送っていると、腸の働きが悪くなり、アレルギーを改善することはできません。

花粉症対策で花粉症に効果がある食べ物や飲み物を摂る前に大切なのは、まず腸をキレイにすることなのです。

私自身の経験からどのように改善していったかをお伝えします。

 

アレルギー持ちは便秘の人が多い

子供のころからアレルギー持ちだった私はずっと「便秘」でした。

大便は2日か3日に1回が当たり前。毎日大便をする人は「お腹が弱い人」だと思っていたほどです(笑)

実は花粉症などのアレルギーを持っている人に多いのは「便秘」の人です。

「私は毎日便は出ているし、当てはまらない」と思った方、本当ですか?

もちろん、私の子供のころのように「3日に1回」というのは「完全な便秘」ですが、便秘にもいろいろなレベルがあります。

私の周りにも多いのが「毎日便が出ているから便秘ではない」と思っている方。

私からすると、毎日便が出ていても、便の量や質によっては「便秘」なのです。

私のいう「便秘ではない」という状態は「腸がきれいな状態」です。

本当に腸がきれいな状態を保っているでしょうか?

 

座って3秒で出るか?

便の話ばかりになっていますが(笑)、便秘がどうかの基準の一つは「便意を催してから座って3秒で出るか?」です。

しかも「大腸がスッキリ空っぽになる感覚で出ているか?」です。

トイレに5分も10分もかかっている時点で、私は「便秘だ」と考えます。

そういう時は「何を食べたか?」と考え、前日からの食事を思い出すようにしています。

すると、自分自身で決めていることが守られていないことに気づきます。

それは「7:3を守っていなかった」ということ。

スポンサーリンク

腸をキレイにするために「食べ物の割合」を守る

この「7:3」というのは、「水分を多く含む食べ物を7割」「それ以外の食べ物を3割」という食べる割合のことです。

この割合こそが腸をキレイに保つ秘訣です。

この割合を守ると、便秘は全くなく、腸がきれいな状態に保たれて、気が付いたら花粉症もアトピーも克服できました。

「水分を多く含む食べ物を7割」

この水分7割というのは、自然について考えると納得できます。

地球は7割が海。そして人体も7割は水分といわれています。

私たちの身体に取り入れる食べ物も「7割が水分を多く含む食べ物」であるべきなのです。

では水分を多く含む食べ物とは?

それは野菜や果物です。ここに飲み水は含みません。

なぜ「7割が水分を多く含む食べ物」にする必要があるかというと、それは「体に滋養を与えること」と「体内の浄化」のためです。

身体に必要な栄養素である、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、アミノ酸、酵素、炭水化物、脂肪酸などはすべて果物と野菜でカバーできます。

1日に食べるものの70%を「野菜と果物」にすると劇的に身体が変わります!

しかし、1日に食べたものを書き出してみると・・・なかなか難しくないでしょうか?

私自身、完璧にこれを毎日守れているわけではありません。

しかし、この「水分を多く含む食べ物を7割」ということを意識しているだけで、食生活は大きく変化してきます。

「それ以外の食べ物を3割」

「それ以外の食べ物」とは、パン、米、肉、魚、乳製品のことです。

しかし、普通はこのパン、米、肉、魚、乳製品が食事のほとんどを占めている場合が多いと思います。

これらのもの多く摂ると、体を詰まらせてしまって、体を浄化するのを妨げてしまいます。

腸はいつも何かが詰まった状態となり、汚れた状態のままです。

すると栄養もスムーズに吸収出来ず、アレルギーの改善につながりません。

薬によって一時的にアレルギーを抑えることはできますが、本当にアレルギーを克服するには、腸をキレイにするために食べ物の割合を守ることが大切です。

 

腸をキレイにするために「正しい組み合わせ」で食べる

食べ物の割合を守るのと同様に大切なのが「正しい組み合わせ」で食べることです。

実は食べ物を消化することには、たくさんのエネルギーが必要です。

「食べ過ぎて眠くなってしまった」というのは誰でも経験したことがあるかと思います。

それは体が消化に相当なエネルギーを使っているからなのです。

この「正しい組み合わせ」で食べると、消化に使われるエネルギーは最小限に抑えられます。

それはどんな組み合わせなのでしょうか?

二つ以上の凝縮食品を同時に食べない

人間の身体は二つ以上の凝縮食品(パン、米、肉、魚、乳製品など)を同時に胃の中で消化するようには作られていないのです。

一緒に食べるとお腹が満たされるものは、たいていこの「二つ以上の凝縮食品」の組み合わせです。

「ラーメンとチャーハン」・「肉とご飯」・「魚とご飯」など、私たちが良く食べる組み合わせはほとんどが「二つ以上の凝縮食品」の組み合わせです。

「米+野菜」「肉+野菜」

では正しい組み合わせとは?

それが「米+野菜」「肉+野菜」などです。

しかも7:3の割合で食べると、不思議なほど消化が早いです。

とはいえ難しいのは確かです。なので、少しずつ意識をしてみましょう。

ステーキや焼き肉を食べるときは必ずサラダを食べて、お米は注文しない!

うどんを食べるときは肉をトッピングせず、野菜のトッピングにする!

など、少しずつ意識することで体は変わってきます。

これが胃腸に負担がかからず、おすすめの食べ方です。

アレルギーを克服するなら、まずは食事を変えることを少しずつ意識していきましょう!

私自身の経験からすると、まず便通は不思議なほど改善されるでしょう。

腸内環境が整うと、本当に身体の調子が良くなります。

そして、もうひとつ良いことは体が自然にスリムになります。

あくまでも私自身の経験ですが、もしよかったら試してみて下さい。
スポンサーリンク

花粉症に良いと言われている食べ物・飲み物

腸をキレイにしたうえで、花粉症に良いと言われているものを摂ることによって初めて効果を感じられるでしょう。

参考までに花粉症(アレルギー)に良いといわれている食べ物・飲み物を紹介します。

  • レンコン・・・レンコンの表面にある黒い斑点は実はポリフェノールの一種『カテキン』。レンコンを9週間食べ続けると、アレルギー症状を起こす抗体の血中濃度が下がったという研究データがあります。
  • わさび・・・ワサビ成分が、花粉症の発症を抑える働きがあるといわれています。
  • バナナ・・・バナナを8週間毎日食べ続けている人について花粉症の「くしゃみ」症状が緩和された、という研究データがあります。
  • しそ・・・シソに含まれる「αリノレン酸」には抗アレルギー作用があります。また、シソに含まれるフラボノイドの一種である「ルテオリン」には、IgE抗体の分泌を促して花粉症の原因物質を抑える作用があります。
  • 玉ねぎ・・・ポリフェノールの一種である、ケルセチンが花粉症の改善に役立つといわれています。
  • フキ・・・フキに含まれるフキノール酸には、細胞からヒスタミン、ロイコトリエンが出るのを抑える働きがあります。
  • ヨーグルト・・・ヨーグルトには、花粉症の原因であるIgE抗体の活動を抑える働きがあります。
  • キクラゲ・・・ビタミンDは花粉症対策に有効といわれていますが、キクラゲにはビタミンDが多く含まれています。
  • 青魚・・・青魚に含まれるEPAやDHAは、鼻詰まりを起こすロイコトリエンの発生を抑えるといわれています。

 

フラボノイドを簡単に摂れるジュース

フラボノイドとはポリフェノールの一種で、抗酸化作用や免疫力を整える作用があるといわれています。

その中でもスーパーフラボノイドといわれている「ナリルチン」

腸内環境を整えたうえで、このスーパーフラボノイド「ナリルチン」を多く含む柑橘類を摂ることはお勧めです。

柑橘類に多く含まれる「ナリルチン」ですが、柑橘類の中でも和歌山県を原産とする「じゃばら」の中には、この「ナリルチン」を圧倒的に多く含むということで注目されています。

この「じゃばら」を飲みやすくした「じゃばジュース」も手軽に「ナリルチン」を摂ることができるのでお勧めです。

 ↓  ↓  ↓

北山村産すっぱくないじゃばらジュース

あくまでも食事を改善したうえで摂ることが大切です。

 

まとめ

花粉症は本当につらいですが、こういったアレルギーを改善するには、まずは腸をキレイにすることが大切です。

全てを完璧にやるのは大変なので、まずは出来ることをやっていきましょう。

食べ物、食べ方を変えるだけで、体はかなり変わります。

食生活を変えて花粉の時期を乗り越えましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください