亀田興毅の相手変更か?ポンサクレックにライセンス交付されず

スポンサーリンク
亀田興毅選手の相手が変更か?

元WBC世界フライ級王者ポンサクレック選手との対戦が発表された亀田興毅選手の復帰戦。

5月5日、”ボクシングの聖地”後楽園ホールで行われることが決まっている。

しかし、ポンサクレック選手にJBC(日本ボクシングコミッション)がライセンスを交付を認めず。

亀田興毅選手の相手が変更になるのか?それともポンサクレック選手と対戦するのか?

 

亀田興毅の対戦相手予想 ポンサクレックしかいない!現役復帰でリベンジ!

 

亀田興毅 復帰戦の日程が決定!しかし・・・

亀田興毅選手の復帰戦の日程が決まった。

2018年5月5日、場所は後楽園ホール。

相手は先日発表された元WBCフライ級世界王者ポンサクレック選手(タイ)。

ポンサクレック選手は、亀田興毅選手がプロボクサーとして初めて敗北した相手だ。

亀田選手はこのポンサクレック選手に必ずリベンジしたいと闘志を燃やしている。

しかし、JBCはポンサクレック選手にプロボクサーのライセンス交付を認めなかった。

その理由は年齢。

日本のプロボクサーのライセンス交付条件にある年齢は37歳まで。

ポンサクレックの年齢は40歳。

いくら伝説のボクサーと言えどもライセンスの交付は認められなかった。

亀田興毅の相手変更か?

出典:https://abematimes.com/posts/3959528

「プロのリングに復帰したい」と言っていた亀田興毅選手。

ポンサクレック選手にプロボクサーライセンスが交付されないとなると「プロのリング復帰」にはならない。

プロボクサーライセンスのないポンサクレック選手と対戦するのであれば、あくまでも「エキシビジョン」という扱いになるだろう。

それならば対戦相手が変更になるか?

亀田興毅選手は対戦相手の発表前に「対戦したい相手は二人いる」と言っていた。

それでは「もう一人の対戦したい相手」に変更になるのか?

スポンサーリンク

ポンサクレック以外はないだろう

出典:https://ameblo.jp/doggfooz/entry-11963287241.html

しかし「もう一人の対戦したい相手」は明らかにされておらず、誰なのかは分からない。

そしてすでに生中継で対戦相手が発表され、5月5日に行われることも発表されている。

今さら対戦相手が変更となると、試合が延期されることは間違いない。

ゴールデンウィークに後楽園ホールをすでに予約しているので、キャンセルは興行的にも負担がある。

またここまで大きく発表していて、対戦相手変更は世間がしらける。

興行的にも、対戦相手は変わらずポンサクレック選手のまま行われるはず。

亀田興毅選手にとっては、ライセンスがあろうが無かろうが関係ないことだろう。

たとえ「エキシビジョン」となっても「ガチの戦い」になることは間違いない。

まとめ

世間では「現役バリバリのボクサーと戦うことを望んでいた」という声も多いが、格闘技はそんなに甘くない。

引退した選手が数か月のトレーニングで、現役選手と戦うことが無理だというのはボクシングを知っているものなら、ましてや世界チャンピオンにまでなった亀田興毅選手なら分かっていることだろう。

そうなると現役を引退して数年経ち、40歳になる「伝説のチャンピオン」と最後に戦いたいというのは妥当だと思うのは私だけだろうか。

初めて敗北した相手にもう一度チャレンジして「ボクサー・亀田興毅」を終わりたいという気持ちは素晴らしいと思う。

ぜひ亀田興毅選手の最後の試合を応援したい。

亀田興毅の対戦相手予想 ポンサクレックしかいない!現役復帰でリベンジ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください