便移植が効果的?うつ病やアトピーを治す驚きの治療法って何??

スポンサーリンク

うつ病やアトピー性皮膚炎に便移植が効果的?他人の便を移植するという驚きの治療法とは?

今の医学では「他人の便で病気を治す」ということが研究されているのです。

そしてこの驚くような治療法でうつ病やアトピー性皮膚炎に効果があるという。

うつ病やアトピー性皮膚炎に効果的な「便移植」(=便微生物移植)とはいったいどのようなものなのでしょうか?

便移植って何?

私たちの体の腸内環境は、健康維持と大きな関りがあります。

この腸内環境のバランスが崩れることで病気になると言われています。

「便移植」はこのバランスの崩れた腸内環境を、健康な人の便をもらって整えて回復させようという治療法なのです。

「クロストリジウム・ディフィシル腸炎」という大腸の炎症の病気に対して、今までの治療法より大きな効果を発揮したことから注目された治療法です。

どうやって便を移植するの?

ではこの「便移植」とはどのように行うのでしょうか?

さすがに口から入れることはないようです(笑)

以下のような方法で行うようです。

  • 便を生理食塩水に溶かし、内視鏡で大腸に注入する
  • 腸カテーテルを肛門より挿入し、菌液を注入する

肛門から菌液を体内に入れる方法ですが、出来るだけ患者さんに負担のない方法を目指し、研究しているようです。

スポンサーリンク

誰の便を使うのか?

人の便を自分の体に入れるという「便移植」。

倫理的な配慮から、一般的には二親等以内の親族の便を使用するそうです。

しかし現在は、ドナーの便を使うという方法も増えているとのこと。

血液、尿、便などの検査をパスした健康な人の便を使用し、患者の症状に合せてドナー登録者の便から選択するということも行っているようです。

やはり健康の秘訣は【腸内環境】

この治療法からも健康になるには腸の健康が大切だということが分かります。

アトピー性皮膚炎の治療にも使われるこの「便移植」。

私自身の経験からも分かるのは、アトピー性皮膚炎や花粉症は「腸の健康と大きく関りがある」ということです。

食生活を見直して、腸内環境を整えましょう!

スポンサーリンク

腸を健康にする食生活をおくる

腸を健康にするには、毎日の食生活を見直すことが大切です。

野菜はしっかり摂っているでしょうか?

納豆や味噌、漬物など、日本の発酵食品は腸の健康に大切な食べ物です。

まず、食生活を整えることが大切です。

そのうえでサプリメントを摂るなら「121種類の酵素と乳酸菌」はおすすめです。

初回のお試し価格が安いので、気軽にお試しできます。

スマート生活に121種類の酵素と乳酸菌

しかしあくまでも大切なのは毎日の食事です。

腸を元気にして健康な毎日を送りましょう!

 

こちらの記事もぜひ読んでみてくださいね。

↓  ↓  ↓

【花粉症対策】食べ物・飲み物で即効性を求めるなら『まず腸をキレイにする』これで治った私の経験

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください