山本KID徳郁さんが胃がんでこの世を去る~思い出の【魔裟斗vs山本❝KID❞徳郁】~

山本KID徳郁さんが胃がんでこの世を去った。

2018年9月18日。山本KID徳郁さんは41歳という若さだった。

この訃報にどれだけのファンが悲しんだことか・・。

スポンサーリンク

ずば抜けた身体能力でK-1に参入

山本KID徳郁さんといえば、ずば抜けた身体能力が印象に残っている。

総合格闘家でありながら、K-1デビュー戦でいきなり村浜武洋にK.O勝ち。

その「当て感」の凄さ、そして身体能力の高さにテレビを観ていたK-1のファンたちは驚いた。

小さい身体でありながら、どの距離からでも飛んできそうなあのパンチ。そしてパワー。

初めてのK-1の試合であそこまでインパクトを残した選手は山本KID徳郁さんしか知らない。

魔裟斗との「カリスマ対決」

試合後のリングで山本KID徳郁さんが言った言葉は今でもはっきり覚えている。

「魔裟斗くん、大晦日に試合して格闘技盛り上げようよ」

これに魔裟斗が応えた形で大晦日の対決が実現した。

K-1チャンピオンの魔裟斗が総合格闘技から来た選手に負けるわけにはいかない。

しかし相手は、普通のキックボクシングやK-1の選手とは違う動きをする山本KID。

この対戦は非常に盛り上がった。

そして山本KIDが魔裟斗からダウンを奪うという展開。

そのあとはオーソドックス対サウスポーという対決ということもあり、

魔裟斗の蹴りがローブローとなり、負傷した山本KID。

試合は一時中断になった。

そのあとは魔裟斗がダウンを奪い返し、魔裟斗の判定勝利となった。

「余裕で勝つ」はずだった魔裟斗だったが、山本KIDに苦戦を強いられた試合となった。

あのK-1のカリスマ魔裟斗でさえ、苦戦を強いられた山本KIDの実力はやはり凄かった。

その後に発足した総合格闘技HERO’Sも「カリスマ」山本KIDがいたからこそ始まったものだった。

スポンサーリンク

がんを公表

突然の知らせだった。

山本KID徳郁さんががんであることを公表

「私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」

突然の公表で世間は驚いた。

「まさかあの“神の子”KIDが・・」

でも誰もががんに打ち勝って、元気な姿を見せてくれることだろうと思っていたはずだ。

闘病生活のためグアムで生活していた山本KIDさん。

つい先日、そんなことを公表したばかりだったが・・。

スポンサーリンク

早すぎる死

ふとニュースを見ていると突然の訃報。

信じられなかった。あの“神の子”KIDが死ぬわけがない・・

誰もが信じたくなかったことだろう。

2018年9月18日。

山本KID徳郁は帰らぬ人となった。

山本KID徳郁よ・・永遠に・・

帰らぬ人となったが、山本KID徳郁の残したあのインパクトは誰もが心に刻んで忘れないだろう。

今見ても凄いあの身体能力の高さ。まさに格闘技の天才だった。

多くの人に愛された格闘家、“神の子”山本KID徳郁よ、永遠に・・。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください