インフルエンザ予防接種の時期は?小児のインフルエンザ予防接種について

インフルエンザの予防接種の時期は?いつ頃受けるのが最適なのか?

11月頃からインフルエンザにかかる人が徐々に増えてきます。

インフルエンザの予防接種を受けることを考えられている方も多いでしょう。

ではこのインフルエンザ予防接種はいつごろから受けるのが最適なのでしょうか?

1回目は10月下旬ころから~その理由は

インフルエンザ予防接種の効果はいつから得られる?

インフルエンザの予防接種の効果は、2回接種では2回目終了後から約2週間で得られます。

1回接種の場合は1回目接種後、約2週間で得られます。

予防効果は約5ヶ月間維持されます。(個人差があります)

11月頃からインフルエンザにかかる人が出ますが、12月中旬以降からA型インフルエンザの流行が始まることが多いです。

また4月末くらいからB型インフルエンザが流行し、終息することが多いです。

2回接種する場合は13歳未満は2~4週間間隔、13歳以上(希望者)は1~4週間間隔となっています。

しかしどちらも3週間以上開けた方がより有効な予防効果が得られます。

接種する時期はいつがよい?

このようなことから2回接種する場合は、1回目を10月下旬から11月初旬に、2回目を11月下旬から12月初旬にするのが良いといわれています。

また1回接種の場合は11月下旬から12月初旬に接種すると12月中旬までにインフルエンザ予防効果を得ることができ、4月末から5月初旬まで効果を維持できると考えられます。

 

自分でできるインフルエンザの予防方法は?

外出後は手洗いをする習慣をつける

 手指など体についたインフルエンザウイルスを除去するには石鹸による手洗いが有効です。

インフルエンザに限らず飛沫感染などの対策の基本は手洗いです。

インフルエンザウイルスはアルコール消毒でも効果が高いので、手洗い後のアルコール消毒も心がけましょう。

湿度を適切に保つ

 空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。

特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

十分な休養とバランスのとれた食事

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

栄養のバランスについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

人混みへの外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、特に高齢の方や妊婦、疲れ気味、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

体力が消耗しているときほどインフルエンザに感染しやすいので注意しましょう。

やむを得ず人混みへ外出しなければならない場合はマスクを着用する等の対策をしましょう。ただし、人混みに入る時間は極力短くしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください