食欲を抑える方法!ストレスからの過食を抑えて綺麗に痩せるには?

「仕事のストレスから最近食べ過ぎてしまう」「子育てのストレスで食べ過ぎちゃう」

いろいろなストレスから食べ過ぎてしまうという人はたくさんいます。

どうしてストレスが溜まると食べ過ぎてしまうのでしょうか?

ストレスによる過食から食欲を抑える方法にはどんなものがあるのでしょうか?


なぜストレスが溜まると食べ過ぎてしまうのか?

ストレスからの過食は若い女性に多く見られるようです。しかし現代は若い女性に限らずストレスから過食に走る人は増えている傾向があります。

食欲を押さえる方法を知るには、まずそのストレスの原因を考える必要があります。

人間の脳内には心の状態を安定させる神経伝達物質であるセロトニンというものがあります。

このセロトニンが不足することが原因でストレスを感じると言われています。

ストレスで過食に走るときというのは、食べたいという気持ちを自分でコントロールすることが難しいです。

このセロトニンが不足することの原因は栄養の偏りストレスのため過ぎと言われています。


食生活を見直し、栄養の偏りをなくす

このセロトニン不足を解消するために、栄養の偏りをなくすことも大切です。

自分の普段の食生活を見直してみましょう。

特にセロトニンを作る材料といわれる豆腐、納豆などの大豆製品などをしっかり摂り、バランスの良い食事を心がけましょう。

自分なりの心を満たす方法を見つける

「ストレスが溜まる」ということは「心が満たされていない状態」ということです。

自分なりに「食べる」以外の心を満たす方法を考えてみましょう。

これはその人の状況によって様々な方法が考えられますが、ここでは5つの方法を提案します。


5つの「食べ過ぎを抑える方法」

ガムを噛む

特に職場で仕事中にパソコンに向かいながらお菓子を食べすぎてしまう人に向いています。

口が寂しくなると仕事中でもボリボリお菓子を食べしてしまう、という方にはおすすめです。

お菓子をガムに変えてみると「意外にお菓子がなくても我慢できた」という人がほとんどです。

これはガムを噛むことによって満腹中枢が刺激されるからだと言われています。

またガムを噛むことはダイエットの他にも運動能力、頭脳向上、認知機能回復に効果があるとも言われています。

好きな味のガムをデスクに準備して、「お菓子の習慣」から「ガムの習慣」に変えてみましょう。

大好きな人に電話する

家にいて食欲が抑えられなくなる人の中には、「寂しさを紛らわすために食べる」という人も多いです。

食べたくなったら、仲の良い友達、恋人などに電話してみるのも効果があります。

満たされない気持ちが食欲に走らせてしまうことが多いので、大好きな人とお話をして幸せな気持ちになれば、食欲を抑えることが出来ます。

好きな音楽を聴く

落ち着いた雰囲気のレストランではクラシックやジャズがBGMとして流れています。

このテンポのゆったりとしたBGMは満腹中枢を正常に働かせる作用があるといわれています。

ゆっくり落ち着ける音楽を聴くことによって食欲を抑える効果が期待できます。

また自分の好きな音楽を聴くことによっても幸せホルモンがたくさん放出されるので、食欲に気持ちが走らずに食べる気持ちを抑えることが出来ると言われています。

感動する映画を観る

これも音楽と同じことですが、感動する映画を観ることによって幸せホルモンをたくさん放出することが出来ます。

映画に感動している間に食欲も忘れてしまうことでしょう。

夢中になれる本を読む

何かの新しい知識を本を通して「知る」ということによって、欲望を抑制する働きがあるという人もいます。

読むこと自体がストレスにならない本、夢中になれるような本を読むことによって、食べる気持ちを抑える効果が期待できます。

まとめ

食欲を抑える方法は人によって合う、合わないがあるかもしれません。

しかし重要なのは、「食べること」ではなく、他のことで幸せを感じる方法をみつけることです。

それをみつけることができれば、もう食べることに走らず、もっと幸せな時間を過ごせるはずです。


この記事が気に入ったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください