井岡一翔が引退!?その原因は結婚なのか?父に反対されていた結婚 ・そして一翔の気持ちは?

出典:東スポWEB

井岡一翔が引退!?その原因は結婚なのか?




ボクシング井岡ジムの井岡一法会長が9日、大阪市内のジムで記者会見を行い、

ボクシング史上WBA世界フライ級王者の井岡一翔が同日付で王座を返上したと発表した。

突然の王座返上の発表。しかも本人不在・・。

井岡一翔と言えば、毎年開催されていた大晦日の試合。

今回も12月31日に6度目の防衛戦を計画していたが、突然の王座返上。

出典:SANSPO.COM

 

井岡一翔は今年5月に歌手の谷村奈南と結婚。父の井岡一法会長によると

「(結婚してから)練習がコンスタントに出来ていない。準備が間に合わない」とのこと。

結婚してさらにモチベーションがアップし、成績を上げる選手もいるが、

父の井岡一法会長によると井岡一翔の場合は結婚によって練習が出来ていない状況という。

大阪から東京へ引っ越していた井岡

出典:産経ニュース

 

実はその原因には、生活の拠点を大阪から東京へ移していたことがある。

歌手の谷村奈南にとって仕事上は東京が生活の拠点が望ましい。

それに合わせてしまった井岡・・・ということが想像できる。

実際、父の井岡会長も会見の場で

「試合前に仮住まいでもいいから環境を変えて(大阪のジムで)やるのが大事だが、環境を変えられなかった」

と説明している。

ボクシングを仕事とするうえで、練習環境は非常に大切だ。

しかし所属ジムがある大阪から東京へ生活拠点を移した井岡はどのように考えていたのか?

 

仕事=ボクシングよりも妻・谷村奈南の歌手としての活動環境を優先したかったのか?

それは井岡の優しさなのかもしれないが、ボクシングの現役王者として

大晦日に決まっていた試合の相手に対しても失礼だと思うのは私だけだろうか?

もし妻の歌手活動としての環境を優先しようと考えたのなら、その時点で父・一法会長の判断も理解できる。

真相はどうなのだろうか?


実は谷村奈南との交際に大反対していた父・一法

去年1月に「情報ライブ ミヤネ屋」に出演した際に、谷村奈南と交際していることを明らかにした井岡一翔。

そしてこの番組内で「初めて結婚したいと意識した人」と話した。

しかしこの頃、父の一法会長は大反対。本業のボクシングに影響が出ることを懸念していたと思われる。

「一翔も一緒になりたい気持ちはあるんやろうけどアスリートなんやから。相手は辞めて、一翔に尽くせるのか」

とこの交際が発覚した際には谷村奈南に対して引退を求めた一法会長。

そして実際に本業のボクシングに影響が出ていることが明らかになった今回の王座返上会見。

谷村奈南のことを大切に思っているあまり、ボクシングより妻のことを優先してしまったのかもしれない。

又は会長である父との間に亀裂がはいっているのか?

八重樫との王座統一戦を制した井岡

出典:SHIKOKU NWES

2012年6月20日、当時のWBC世界ミニマム級王者 井岡一翔とWBA世界ミニマム級王者 八重樫東による

日本ボクシング史上初の現役世界王者による日本人同士の世界統一戦が行われた。

両者の激闘は感動をよび、多くの人々の心に刻まれた。

この頃の井岡一翔は輝いていた。

もう一度、この頃の井岡一翔を見たいと思うのは私だけだろうか?

その姿は妻の谷村奈南も惚れ直すはずだ。

もう一度立ち上がれ!井岡一翔!



この記事が気に入ったらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください